読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るなてぃっく野狐

野良狐がゆっくりと錯乱していく

誰が為に

僕の書く言葉は、不特定多数の人のためにあると思っていた。
不特定多数の人に見てもらって、いつか、彼らの人生を少しだけ変えたり、考えさせてあげられるような文章を書きたいと思っていた。
どんなふうに?この世界が楽しくて、面白い場所で、生きてるのは楽しいよって伝える文章だ。だから、るなてぃっくに、面白おかしく、話の方向をあらぬところに持って行ったりした。

 

でも、それは違うと、最近になって気がついた。

 

僕は知らない誰かのために、文章を書けるほど器用じゃない。でも、特定の誰かのために文章を書こうなどと広い心も深い理解力も持ち合わせてはいない。
つまり、僕は、自分のために書いていたのだ。
自分に、人生が楽しいということを、まだ諦めては勿体無いと言い聞かせたかったのだと思う。不特定多数の人のために書いたそれらは、その実、自分のために書いたものだった。不特定多数は、僕の鏡だった。

 

それに気づいたから、それを認めたから。
僕は、もうひとつのことに気がついた。

 

実はここ最近、文章を書くことに違和感を感じていた。それは「不特定多数の人のために書いている」と思っていたからなのだけれど、なんだか言葉に心が乗らない気がしていた。「読者の皆さん」とか思いながらも、眼に浮かぶのはただ一人だけだった。
そう、僕は、彼女のために、文章を書いていた。

気づけば、僕は恋人のことを想ってブログを書いている。ブログだけではない、人生で初めての手紙なんて書いたりもした。この文章も、この気持ちを伝えたいがために、今こうして、書いている。これもまた、彼女のことを想って出てきた言葉たちである。

それがよいことなのかどうか、僕にはまだわからない。自分の世界を保ったまま、文章を書く言葉もはや至難の業となってしまった。僕から特定の人にあてた言葉は、他人にとっては読む価値がないのかもしれないとも思った。そういう理由もあって、直近の違和感を僕は封じ込めてきた。
と、同時に、今まで自分にしか向いていなかった言葉を他人に向けることができたのも、ひとつの心の変化ではあるし、成長とも受け取れる。相手のことだけを考えて作る文章は、不特定多数にはまだ届かずとも、相手には、少し届くと思えた。

 

これからは、ただるなてぃっくを目指すのはやめようと思う。
時々るなてぃっくになりながらも、今の自分の気持ちを、その心の変化を、共有したいと思った景色を、書いていこうと思う。

 

誰が為に文章を書くのか。

ついに見つけたその人のために、僕は言葉を紡ぎたい。そのために、今までがあって、これからもあり続けようと、決めた。