読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るなてぃっく野狐

野良狐がゆっくりと錯乱していく

巷のフリースタイルラッパー ピースマン

フリースタイルラップというものが巷では流行っている。「巷」がいまだにどこかわからない僕だが、まぁとにかく、この言葉を最近はテレビやら若者の会話の随所で聞くようになった。

 

フリースタイルラップが何かというと「適当に韻を踏んでyeahとかyoとかで締めるラップ」である。例えばこんな風に。

 

やってきたぜ俺らの巷

人口8割苗字が柴田

残りの2割は全員蒲田

ああこのフリースタイルラップ完全にアクシデント、俺まさにやっち・ま・た  yo!!

 

こんな風である。これがフリースタイルラップである。馬鹿にしているわけではなく、これが僕の限界なだけだ。そこはご了承いただきたい。

だが、初心者でも楽しめるのがこのラップの特徴である。テーマを選ばずとも、好きなことをフィーリングでuh uh に合わせて言えばいいのだ。

みんながuh uhと言いながらラップ調で会話を繰り広げていけば、もうこの韻踏みに必死になるに違いない。つまり喧嘩どころではないのだ。

 

車の接触事故が起こった。

「あらあらごめんyo わざとじゃないのyo♬」

「奥さん慌てずとりあえず uh 茶でもずずっと飲み干しゃ安心するはずぅ♩」

「あらあら若いのに随分 自分 寸分違わぬナイスガイhuh 公平性を重んじるわねイーブン♪」

「奥さん 俺の名はピースマン 覚えとらん? したら車のことはdone!」

 

強盗と鉢合わせした。

「おいお前 俺の部屋散らかした手前 今すぐやめたまえ♬」

「すまねぇ思わず地団駄踏んだ なんせ俺は強盗なんだ お詫びにそうだ こいつでどうだ?」

「なんだねこれは …もしやお前は uh uh♪」

「そう、俺は平和ー それは電話ー 平和の象徴鳩電話ぁcmon!」

 

戦争開始の合図が鳴った。

「攻撃するぜ 総勢ー 1000の兵士で駆け込むぜhun♪」

「このピースフルワールド 攻撃するお前は悪だ 俺は悲しいぜoh エンドオブワールド…」

「すまねぇそんなつもりじゃ ここじゃ強者じゃ なきゃ生き残れねえんじゃ…」

「争いに もう遅い なんてないんだぜcmon 」

「許してくれんのか ほな 俺の兵士全員下がらんか♩」

「平和を願ってピースサイン そのマークでサインコサインーyeah together…」

タンジェント!」「タンジェント!」

「yeah!!!」「yeah!!!」

 

なるほど、ラップで世界が平和になるという意味がこれでようやくわかりました。

でも楽しいので、一度声に出して韻を踏んで誰かと会話してみてください。本当に楽しいです。

相手のドン引き具合

めっちゃやべぇ場合

そう伝えるんだお前のeyeで全身全霊の愛!